(14)
境内のご案内 「教祖記念館」
教祖記念館
嘉永元年(1848年)に建築され、御祭神(黒住宗忠神)がご布教なされたところで、今日では記念館として大切に保存されています。

この建物では、御祭神在世中、2の日、7の日の月6回、「ご会日」という名のもとに御祭神の直々の祈りと説教が行われました。
ここでは武士といえども刀を付けては神前に進むことはできず、身分の差別なくまさに人間平等の精神が貫かれていました。

大元 宗忠神社での神前結婚式は、この教祖記念館で厳粛に執り行われます。